実務と人事のスマート化

CHOICES ARTICLE

  • より良い管理ツールは現代の企業に必須

    採用管理ツールの必要性 企業は毎年、複数の新入社員を採用して将…

    » READ...

  • 管理以外にも使える多目的ツール

    採用管理ツールで応募状況を分析しよう 優秀な人材を雇うためには…

    » READ...

  • 従業員や求人希望者の情報を管理

    人材に関する情報をまとめる 人材を採用するとなると様々な業務が…

    » READ...

作業効率アップのための採用管理ツール

企業や店舗などの求人の募集はインターネットを通じて行なうことが当たり前となりました。
求人情報の検索や応募はより手軽に行われるようになったものの、それを管理する人事の側が従来と変わらなければ、たくさん来る応募の対応に苦慮してしまう場合もあります。
良い人材を取り逃がさないためにも応募者の把握や管理を行なうことが重要になるのです。
求人の間口が広がったことと同時に採用管理を行なうためのツールを導入する動きが広がっています。
例えば採用管理ツールを利用することでサイトの募集ページのデザインをさまざまなデバイスに対応させることができたり、情報をすぐに更新することができます。
また応募者をの情報や人数を一括で管理することもでき、どのくらいの応募が集まっているのかがすぐに分かるようになりました。
そのままメールを送信して面接日を連絡できるようになり、応募者が多くいる場合でも連絡のし忘れや、レスポンスが遅れるといったことを減らすことができます。
このような採用管理ツールがあることで人事の側にとっても作業を効率化させられるといったメリットが生まれ、応募や連絡など採用までの流れがよりスピーディに行われるようになった現代では、導入する企業も少なくありません。

スピーディな採用

ネットに求人広告を掲載することで求人誌のみに頼るよりも広く応募者を募ることができるため、自社サイトや求人サイトに広告を掲載する企業も多くあります。
より多くの人の目に触れるようになるということは、多くの応募者を集めることができる反面、管理することが大変になる場合もあります。
そのため現状でどれぐらいの応募者が来ているのか、どのような人が応募しているのかなど情報を整理し、把握することが肝心になります。
また面接日のセッティングや採用、不採用の連絡をする際にも、人数が多い場合には連絡が大変になってしまいます。
このような複雑化した人事の負担を軽減するために採用管理ツールを導入する動きも出てきています。
応募者との連絡などを一括して行えるほか、新規メッセージのお知らせや応募者とのこれまでのやりとりも履歴として残るため、連絡の行き違いなどのミスを減らすこともできます。
自動的に応募者の情報を整理することができるので、採用の基準に合った応募者を選びやすく、作業の効率化によりさらにスピーディな採用が可能になりました。
集まってくる応募者の傾向や推移などをデータとして蓄積し管理することができるため、今後の求人広告の掲載やデザインの工夫などに役立てることもできます。

システムがはじめてのお客様でも、コンサルタントがご用件をききながらシステムの説明やご案内をしていきます。 こだわりの採用プロセスをカバーできる多機能採用管理システムです。 なんと2万名を超える大手の企業様や数十名規模のベンチャー企業まで幅広くご利用されております。 都市部メインですが、地方もWeb商談でご対応可能です。 採用管理ツールを駆使して人材収取

Copyright(C)2017 企業経営を円滑化させる採用管理ツールの基礎知識 All Rights Reserved.