採用管理におけるツールの効果

CHOICES ARTICLE

  • より良い管理ツールは現代の企業に必須

    採用管理ツールの必要性 企業は毎年、複数の新入社員を採用して将…

    » READ...

  • 管理以外にも使える多目的ツール

    採用管理ツールで応募状況を分析しよう 優秀な人材を雇うためには…

    » READ...

  • 従業員や求人希望者の情報を管理

    人材に関する情報をまとめる 人材を採用するとなると様々な業務が…

    » READ...

採用管理ツールによる求人媒体の一括管理

様々な求人媒体を同時に扱う現代の採用活動では、採用管理ツールによって一括管理をすることがお勧めです。応募者は原則的に複数の企業に申し込んでいるので、優秀な人材を採用するためには、他社よりも早く返信をするのが必須事項となりました。人事担当者にとって役立つパートナーである採用管理ツールでは、自社にとって必要な求人媒体の選定と、それらの一括管理をする機能も備えています。短時間のチェックで確実に新しい応募者を把握できるため、レスポンスが早い企業として評判が良くなるのです。
会社の採用活動は、常に自社に必要な人材を見つけるために行われるべきであり、管理そのものに時間がかかってしまう状況は避けなければいけません。使いやすい採用管理ツールで全ての進捗状況をチェックすれば、本来の業務である人材としての見極めに集中できます。
応募から面接までは定型文による返信で済むため、採用管理ツールに予め返信用のメッセージを登録しておき、一部は自動的に返信させる方法も有効です。一括管理と自動化の設定を駆使すれば、採用活動の担当者の負担をかなり減らせます。自動化によって一定の段階まで選考を進めておけば、採用管理ツールにおいて対応するべき段階の応募者に連絡をするだけになります。

採用時の問題と採用管理ツールの利便性

一口に採用といっても簡単な事ではありません。優秀な人材をいかに選ぶのか。そしていかに優秀な人材に自社に魅力を感じてもらう説明が出来るかなどが重要になってきます。
ただ進捗管理だけをしていても採用者の能力や人材が必要な部署、社風に合う良い人材にめぐり合えるとは限りません。新卒採用なのか中途採用なのかによっても基準は変わりますので、履歴書や経歴その他の採用に必要な生きた情報を採用担当が共有できているかが大きな鍵になります。例えば申し送りの共有がしっかりなされているか、それによっても面接時の必要な質問が変わってきます。些細な事に見えますが非常に大きな問題です。担当者によって採用の基準や人としての相性もあるのですから、全てを可視化できるシステム作りが重要なのです。これらが成されれば競合他社に競り負ける事の無い、優秀な人材確保もできるようになるのです。
採用管理システムを導入すれば、新卒、中途に関わらず求人から採用に至るまでの各段階を一元管理することが可能となり、スムーズに採用活動が運べます。また担当と候補者の相性や経歴による適正判断、社内システムとも連動できる面接日の調整なども可能になります。スムーズ且つ取りこぼしの無駄もなく、労力の削減にもなります。

Copyright(C)2017 企業経営を円滑化させる採用管理ツールの基礎知識 All Rights Reserved.