管理以外にも使える多目的ツール

CHOICES ARTICLE

  • 管理以外にも使える多目的ツール

    採用管理ツールで応募状況を分析しよう 優秀な人材を雇うためには…

    » READ...

  • 採用管理におけるツールの効果

    採用管理ツールによる求人媒体の一括管理 様々な求人媒体を同時に…

    » READ...

  • 従業員や求人希望者の情報を管理

    人材に関する情報をまとめる 人材を採用するとなると様々な業務が…

    » READ...

採用管理ツールで応募状況を分析しよう

優秀な人材を雇うためには、自社が社員を募集している事実を広く宣伝することが必要です。しかし、人が集まる場所への求人広告の掲示にはお金がかかるので、その費用に見合った成果を得られることを示さなければいけません。リアルタイムで現状が分かる採用管理ツールがあれば、現時点でまだ新規の応募者が少ないから、もっと別のところで求人広告を出してみようといった柔軟な判断を行えます。
特に、日本の新卒採用は学生が一斉に動き出すので、応募の状況を毎日チェックして、予想よりも下回っていたらすぐに手を打つぐらいの迅速さが大切です。
過去の採用活動を分析して、費用のわりに成果が出ていない求人媒体との契約を解除するなどの対応ができるのも、採用管理ツールのメリットとして挙げられます。目の前の採用活動を支援してくれるだけにとどまらず、採用管理ツールは会社の経営者や人事部門のトップに有益な資料を提供できるのです。感覚的な判断とデータによる資料を比べてみたら、これまで気づかなかった部分のムダを発見できる上に、会社の上層部から現場まで正しい認識を共有できます。
忙しくなる採用活動の期間は、いちいち記録をつけておく余裕がないのが普通だから、採用管理ツールによって業務を進めることでシステム的に保存しておきましょう。

求人広告の作成もできる採用管理ツール

どのような応募者が集まるのかは、求人広告の文面や出し方によっても異なります。求人広告の作成も支援してくれる採用管理ツールがあれば、自社のホームページから直接応募してもらえるシステムの追加や、求職者が大勢いる求人サイトとの連携によって、様々な求人チャネルを準備できます。大手の求人サイトとシステム的につなげれば、従来の求人広告とは全く違うタイプの人材からの応募も期待できるのです。
業界として当たり前の慣習であっても、他の業界の人間にとっては驚いてしまうケースも見られるため、採用活動で悩んでいる場合は採用管理ツールに頼ってみましょう。従来の求人広告で不足している項目を加える、もしくは、誤解されてしまう表現をカットする等の改善によって、安心して応募できる内容にできます。採用管理ツールには豊富なノウハウが反映されているから、用意されているテンプレートの一部を修正するだけで、すぐに人が集まる求人広告を出せて、とても便利です。
画面上の指示やアドバイスに従っていくことで、自社に最適な求人広告や、有効な求人チャンネルの形成ができる採用管理ツールは、昔からの採用方法にこだわっている企業であるほど、はっきりした成果が出やすくなります。

Copyright(C)2017 企業経営を円滑化させる採用管理ツールの基礎知識 All Rights Reserved.